家族葬のデメリット

家族葬のデメリットは、社会的な別れがおろそかになる点が挙げられます。故人はもちろんのこと人は家族だけのものではなく、友人や知人にも支えられています。一般的なお葬式では、そうした故人の友人や知人に向けても感謝の気持ちを家族が伝えるのが特長です。この家族葬では、そうした故人の友人や知人に向けての感謝の気持ちを伝えずに親しい人だけでお葬式を行うことができるようになっています。

家族葬は、家族や親しい人だけでお葬式を行いたいという人が多く、故人の友人や知人への連絡を欠くケースも多いようです。このように社会的な別れが希薄になる、という点がこの家族葬のデメリットと言っても過言ではありません。

家族葬のデメリットとして社会的な別れがおろそかになる点が挙げられますが、高齢化社会で近所付き合いが希薄になり、近所の人と挨拶程度しか交わさない、という人も多いのではないでしょうか。こうした人も多く、最近ではお葬式スタイルが家族葬になってきていると言われています。

この家族葬のメリットとデメリットを知り、効果的にお葬式を行うことが大事です。お葬式は良い点も悪い点もあるので、デメリットも知ることで、より効果的に行うことができるようになっています。