家族葬の特長

火葬、直葬、密葬と様々な形式のお葬式がありますが、それぞれで特徴も大きく異なってくるのです。家族葬は少人数で行うお葬式のことです。一般葬は参列者も多めで大々的に行うお葬式ですが、家族葬は親しい人だけで小規模に行う小さなお葬式です。家族葬には、家族という名前が付きますが家族以外にも親しい間柄で行うこともできます。小規模なお葬式で、10人から30人ほどの少人数で行ってるのが特徴です。

家族葬は、一部の地域では家族の2人から3人のみで行うというスタイルのところもあります。全国的に家族葬におけるお葬式の受け取り方の違いがあります。この点は注意が必要で、家族葬を行う家族によって受け取り方が異なってくるのです。会社によっては、小さめのホールでお葬式を行うのも特徴です。他にも、一戸建ての貸し切りホールでお葬式を行うものもあります。少人数のお葬式なので、参列する人や家族がリラックスしてできるようにプランも様々です。リラックスした雰囲気のプランも多く、精神的にも金銭的にも費用を抑えて行うことができるようになっています。

親しい人だけで行うお葬式なので、リラックスしてゆったりとした雰囲気の中でお葬式をすることができます。近年の社会情勢の影響もあり、大人数のお葬式よりも少人数のお葬式よりになってきています。その影響もあり、家族葬をする人が多いのです。